借金整理には弁護士それとも司法書士?

借金整理する時に相談するのは弁護士や司法書士ですね。でもいったい両者の違いは何なのでしょうか。ここでは借金整理する時の弁護士と司法書士の違いについて解説します。
・借金整理
 自分の借金を整理するという事は、減額をするか帳消しにするという事です。必ず返すと約束して踏み倒すのですから、相手も心穏やかではないですね。そんな相手と話し合いをする時にも代理人を立てるとスムーズにいくのです。そんな時に依頼するのが、弁護士や司法書士です。弁護士は全ての法律業務を扱う事が出来ます。全ての訴訟の代理人を務める事ができます。一方司法書士は簡易訴訟の代理人を務める事ができます。司法書士の場合には限られた範囲でしか法律業務を行う事ができません。したがって案件によっては制限を受ける事になります。弁護士に依頼する時に注意したいのは、必ずしも借金整理を専門にしているとは限りません。事件に関わる刑事裁判とか、交通違反の行政処分を扱っていたり、離婚問題を専門に受けている所もあります。したがって借金整理を専門に扱う弁護士を探す事が肝心です。
・弁護士か司法書士
 借金で困っている人は手持ちのお金が無い人もいる事でしょう。そんな人は弁護士に依頼した方が良いでしょう。弁護士を利用する時に限り、弁護士の費用支払いを分割できる制度があります。では司法書士の場合ではどうでしょうか。本来は140万円枠がありますから、それ以下でないと扱う事はできませんが、本人が訴訟を起こすための支援であれば、140万円以上であっても本人訴訟支援業務として扱う事はできます。つまりは自己破産前提であれば、破産金額により費用が変わる弁護士とは違い、相対的にかなり安くなるケースもあります。ただし、あくまでもケースがあるという事であって、現実的には支援料金が弁護士費用と同等になっている事が多いです。ですから弁護士に依頼した方が良いケースが多いと言えます。借金整理する時に弁護士に相談するのか司法書士に相談するのかで、迷う人は参考にしてみてくださいね。