弁護士に向いている人とはどういう部分に長けている人?

弁護士に向いている人というのは、どういう人間でしょうか?いろいろなタイプの人がいる中で、弁護士の仕事を全うするのに向いている人というのが必ずいるはずです。そういう人はどういう特性を持っている人になるでしょうか?それは弁護士の仕事を想像してもらえると分かりやすいですが、人と幅広くコミュニケーションが取れる人になるでしょう。コミュニケーションっていうのは、依頼者の話を正確に聞き取り、理解をすることと、そのうえで依頼者に対して適切なアドバイスなどをしていくことになります。これができないと弁護士はなかなか務まりません。相手の言っていることが理解できないということは通常はありませんが、勘違いが生じている可能性があるのです。それは依頼者の伝え方が悪い場合もありますけど、そういう人もいるという前提のもとで弁護士も仕事をしていかないといけないのです。つまり、伝えたいことが完全に言えていないんじゃないか?という予測をした上で、きちんと確認をすることが大切です。あなたが言いたいのはこういうことですか?と、その都度確認をして、認識の違いが生まれないようにすることが大切なのです。ただ普通に会話をしているだけでは、知らないうちに双方の認識に差が生まれていき、後々それが響いてトラブルになることもありますから。だから弁護士に向いている人は、依頼者の話を正確に聞いて、意思を汲みとり、そのうえで適切な道筋を示してあげて、そのための業務をしていける人になると思います。誰でもできそうなことですが、意外と難しいです。というか、普通の人は誰かと話をしているときにこんなところまで気が回っていないと思うので、どこかしらに認識の差が生まれている可能性はあります。弁護士がそれをやってしまうと、全く依頼者のためにならないことがあるので、本当に気をつけていかないといけないことになります。依頼者の相談に乗って話を聞くことは、弁護士の業務の中で必須ですから、こういったところに長けている人、ちゃんと気が回る人が弁護士に向いていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です